NYの最近のブログ記事












 

 

まず、今回の大震災で被害に遭われた全ての方へ心よりお見舞い申し上げます。

またお亡くなりになられた方へご冥福をお祈りし、ご遺族の皆さまに対し謹んでお悔やみ申し上げます。

 

しばらくブログをお休みしていましたが、今私に出来ることは義援金の寄付とチャリティーワイン会の開催、そしてブログを通じて皆様に 「元気とワイン」 をお届けすることだと思い、また再開しました。

 

私はNYで世界同時多発テロを経験しました。

その後NYも見えないものとの戦いを強いられました。至る所に爆弾騒ぎが起こり、炭疽菌で郵便局員が亡くなり、外出するときはガスマスクを着用するようにとも言われていまた。

でもでも、、、そんな状況でもNYの経済は落ちることなく逆にどんどん上がっていったのです。

 これでNYの経済がダメになったら相手の思う壺とばかりニューヨーカ―はお互い協力しあって、NYの経済の立て直しを図りました。

 

 私は当時クリスティーズで働いていましたが、911のわずか2週間後に行われたワインオークションでミラクルを見ました

「never give up」をスローガンに世界中の人々が高値でワインを落札してくれました。 ほぼ100%落札されました。

 自然災害は容赦なく全てを破壊しました。

でも だからこそ皆ひとつになって日本を復興したいと思います。

NYの経済は911の後どんどん上がりました。

 

そして、、、

アメリカの有名なTIMEと言う雑誌で赤ワインに含まれるレスべラトールと言う成分が放射線の予防に効果的だと発表したんです!

韓国はこの記事の影響で大の赤ワインブームが起こっているそうです。

 

皆さまにお願いです。

日本国民も赤ワインをもっともっと積極的に飲んで放射能を恐れず

日本の経済を立て直しましょう。

 

このレスべラトールについては今月発売の「美ストーリー」でお話させてもらっています。

この特集は更年期と言う事でしたので、放射能についてはなしていませんが、私はこの成分は前から注目していました。

 

これがTIMEの記事です。

http://newsfeed.time.com/2011/03/18/red-wine-your-next-defense-against-nuclear-radiation/

 

 

 

NY

 

久しぶりのNYの町を歩いてみました。

もうハロウィンムードです。

こちらは私の近所の一般の方のご自宅です。毎年手の凝ったデコレーションで行き交う人々を楽しませてくれてます。 

 

201.JPG

1-01.JPG

 

クリスマスの飾りつけもとっても素敵です。

 

 

171.JPG                                      

 

 

 

 

 

 

 

クリスチャンルブタンでかっこいいブーツ見つけました

 

 

 

 

 

 

 

アルマンドブリニャックとの対談のため、明日から日本です。

 

 

ニューヨークのフラットアイアン地区(5番街の23丁目と24丁目の間)に8月31日、イタリアをテーマにしたマーケットプレイス「Eataly イータリー」がオープンしました。 NYの人気スポットとしていま大注目を浴びています。
Babboをはじめ、Del Posto、Otto 等手がけるレストランは次々と大ヒットする大人気のイタリアンシェフ マリオ・バターリとリディアとジョーのバスティアニッチ親子のコラボで実現したプロジェクトです。

オープニングにはブルンバーグ市長まで駆けつけたほどの人気ぶりです。

 

 

 

138.JPG 

162.JPG

                  

 

140.JPG  

 

 

 

 

マーケット内はレストラン、カフ ェ、ワインバーに加え、お魚、お肉、チーズ、野菜、パスタとイタリアの食材 またおしゃれなキッチン用品等もそろっています。

 

1-3.JPG

                                                           

 

144.JPG 

 

 

 

 

焼きたてのパンや、生パスタも作っています。

 

 

 

 

 

ワインのセレクションも充実しており、グラスワインで色々試せるのがうれしいですね

 

161.JPG

 

美味しそうなビーフのカルパッチョとポークに合わせてValpolicella (ヴァルボリツェラ)を合わせてみました。

イタリアのヴェネト州ヴェローナ地区で造られるValpolicella で、こちらは16世紀からワインづくりが行われている歴史ある造り手 「Giovanni Allegrini ジョバンニ・アレグリーニ」です。

コルビーナとヴェロネーゼ主体。チェリー等の果実味たっぷりの早飲みタイプのワインです。

 

   136.JPG 

1-6.JPG 1-7.JPG

NY

 

 

                                        NYに到着しました。

休日のセントラルパークはゆっくり時間が流れているんです。 

私もちょっとここで横になって時差ぼけ解消します。

 

1-1.JPG

 

NYの有名なワインショップ 「シェリー・リーマン」のウィンドウに飾られたドンぺリニオンの素敵なディスプレイを見かけました。

 

1-2.JPG  

 

 

 

 

このアーカイブについて


渡辺順子氏プロフィール
ニューヨーク移住。フランスでのワイン留学後、2001 年より世界最大オークションハウス、ニューヨーク・クリスティーズでアジア人初のワインスペシャリストとして活躍。2009 年に退社し、ワイン・コンサルタントとして独立。ワイン投資のアドバイザー及びセラーを管理するセラーマネジメントを行う。欧米のコレクターやワイン商と取引し、アジア諸国に向けて事業展開中。


限定ワイン販売サイト wine18.jp


渡辺順子 著書
『日本のロマネ・コンティはなぜ「まずい」のか』
幻冬舎ルネッサンス新書


雑誌 美ストーリー 5月号掲載
ワインやアムール・・・ 『フランス人は更年期知らず』って本当?


雑誌 Sevenhills セブンヒルズ 5月号掲載
From New York ~世界の街の“今”を現地からお届けします。
コラム「渡辺順子のワインに乾杯!」 Vol.10

ウェブページ