掲載記事の最近のブログ記事

 

今月号の 美ストーリー   の更年期障害の特集で ワインのポリフェノールが更年期障害を和らげるとお話させていただきました。

その記事の中で レスべラトールと言う成分が非常に効果的と話していますが、私は以前からこのポリフェノールの一種、レスべラトールに注目していました。

そして今、この成分が世界中で大注目されているのです。

 

アメリカの「TIME」と言う雑誌でピッツバーグ大学の医学博士がこの成分が放射能を予防すると発表したのです。

皆さん、積極的に赤ワインを飲みましょう!

お隣の国、韓国では空前の赤ワインブームが起こっているそうです。

 


ストーリーの4月号「私の服にはstoryがある」に載りました。

雑誌「Stortyストーリー」

記事はこちら
記事「Storyストーリー」


blog画像 001.jpgのサムネール画像

blog画像 012.jpgのサムネール画像
blog画像 006.jpgのサムネール画像天の橋立てワイナリーでの写真撮影です。
早朝からの撮影でしたがスタッフはみなプロフェッショナルな方々で、とてもスムースに撮影がすすみました。
バックからですが、左から今回とってもお世話になった安田真里さん、カメラマンの谷口京 さん、谷口さんのアシスタントの方、写真に写ってないですが、ヘア&メイクの陣内君。
東京での撮影は高梨カメラマンとヘア&メイクの大山さん。本当にありがとうございました。

ストーリーのインタビューを受けながら、NYに渡った当時を思い出しました。
レストランで住み込みで働きながらニューヨーク大学を目指していた頃が懐かしいです。
当時のNYは治安が悪くチャイナタウンで銃声を聞いたこともあるし、NY大学のあるワシントンスクエアはドラッグディラーのたまり場でした。
タクシーも地下鉄も治安が悪く怖くて乗れないほどだったんですが、それでもエネルギーのあるNYは私にたくさんのポジティブなパワーを与えてくれました。
今の私があるのはこの時期に何に対しても好奇心を持ちいろいろな世界をみて、いろいろ経験してきたからかなっと思います。

私はCh Petrus ペトリュスを飲んでワインの世界にすすもうと決心しました。
たかがワインですが、ワインを通じて普段お会いできない方、ロックフェラー財団のマイケルロックフェラーさんやフォーブス家のティムフォーブスさんとワイン友達になりました。
ワインはそんな出会いをつくってくれます。

私が今まで学んだワインの知識と情報をこれからどんどんご案内していきたいと思います。

天の橋立ワイナリーで撮影しました。

e4eba8bd-s.jpg


その後ワインとお宿千歳でお食事風景を撮影しました。

70345797-s.jpgca870e39-s.jpg


ワイナリーと千歳のオーナーの山崎社長と..


ea912f53-s.jpg

撮影の後は蟹と美味しいワインをごちそうになりました。

00c27fe1-s.jpgd46b9b86-s.jpg

このアーカイブについて


渡辺順子氏プロフィール
ニューヨーク移住。フランスでのワイン留学後、2001 年より世界最大オークションハウス、ニューヨーク・クリスティーズでアジア人初のワインスペシャリストとして活躍。2009 年に退社し、ワイン・コンサルタントとして独立。ワイン投資のアドバイザー及びセラーを管理するセラーマネジメントを行う。欧米のコレクターやワイン商と取引し、アジア諸国に向けて事業展開中。


限定ワイン販売サイト wine18.jp


渡辺順子 著書
『日本のロマネ・コンティはなぜ「まずい」のか』
幻冬舎ルネッサンス新書


雑誌 美ストーリー 5月号掲載
ワインやアムール・・・ 『フランス人は更年期知らず』って本当?


雑誌 Sevenhills セブンヒルズ 5月号掲載
From New York ~世界の街の“今”を現地からお届けします。
コラム「渡辺順子のワインに乾杯!」 Vol.10

ウェブページ