2016年3月アーカイブ


シャトーパルメのヴァーティカルテースティングが寺田倉庫さんのワインラウンジで行われました。
とっても素敵な雰囲気です。

大きなボトルをサーブするときに使用するサーバーもあります。海外で購入されたとのことです。

unnamedbig.jpg




ご用意いただいたのは
1988、1998、2008、そして2010。
ソムリエの津野田さんがいろいろ説明してくれました。

IMG_5136.JPG




一番右のボトル。。
ヴィンテージが明記されていません。
Palmerの美しいシャトーもブランクです。。

というのは2010年、この年はボルドーブレンドにシラーをブレンディングしました。
ワインの法律でヴィンテージが明記できず、ラベルの下の方に20.10と

unnamedpal.jpg


IMG_5143.JPG


今日はAOSリーガルテック社様主催でワインがお好きな弁護士様向けワイン会を開催しました。場所はアークヒルズクラブです。

いつも忙しくされている弁護士の方々へ美味しいワインをお召し上がりいただき、少し日常から離れていただきました。

ワインを飲んでいる時間を無駄な時間と思うな、その時間はあなたの心は休息しているのだから。。。


4373624379.jpgのサムネール画像



3639782959.jpg


ワインはナパで買ってきた日本未入荷のワインです
IMG_5122.JPG

unnameds.jpgのサムネール画像

スパークリングはもちろんシュラムスバーグ

0958745649.jpg


ワインエキスパートの資格をお持ちの先生やワイン好きの先生がたくさんお越しくださいました。
知的な方はワイン好きが多いって本当ですね。






10年ぶりにOpus One へ行ってきました
やはりワインが美味しいのは理由があります。あらためてその凄さに実感しました。



IMG_5064.JPG


unnamedmirror.jpg

こちらは、さすがロスチャイルド家、メディチ家の紋章入り鏡です。
値段がつけられないほどの調度品が置いてあります



IMG_5068.JPG

16世紀の暖炉もさりげなく。。。

ここでいただくOpus Oneは格別です。



オパスで働く友人のVickiがプライベートツアーでいろいろ説明してくれました。

これはなんと数ミリオンもする機械。これもOpusOneの美味しさの秘密

IMG_5072.JPGのサムネール画像


このカゴもロゴ入りで高いとか(笑)
IMG_5071.JPGのサムネール画像




これは本当に高いそう。Opus Oneのために作られたタンク

IMG_5078.JPGのサムネール画像


美しい新樽が並ぶセラーです。
圧巻の美しさ

IMG_5082.JPG

IMG_5083.JPG


IMG_5088.JPG

美人のヴィッキーは日本語もペラペラの才女です。

IMG_5094.JPG
 
2012年産はRP96点の高得点を獲得しました。
美味しい!の一言。

IMG_5096.JPG

ワイナリー内のデザインやインテリアもそしてワインの味わいも オパスワンのこだわりをとことん感じました。
ワイナリー内は非常に美しく、別世界に来たような空間が広がります。

Opus Oneの在り方が芸術作品です。



Bure Family Wines へ行ってきました。

unnamedbure1.jpg


テースティングのラインナップは
Nuit Blanche
Marena
Thirteen
Duration

unnamedキャンディ.jpg


そして
デザートワインはこちらのCandy
もちろんヴァルの奥様、キャンディスから命名

293.bures.burewine.071709.jpg




unnamedbure.jpg

ナパは自然の大地とワインと人が上手く調和して素晴らしいエネルギーが流れています。

「ワインが美味しいところは人がハッピー」とは私の持論。

美味しいワインを飲むと誰もが陽気になってハッピーになります。
農薬と着色料や香料を使っている大量生産のワインを飲むと頭が痛くなりますよね。
何か気分が重くなって病気になってしまいます。
私はそんなワインは全然体が受け付けません。
そういえば、美味しいワイン飲んで落ち込んで愚痴っている人って絶対いないですよね。。。

私たちは強くワインに影響されますね。だからキリストはワインは自分の血って言ったのかなって思います。

ワイン好きやワインの仕事している人は優しくて素敵な人が多いんですよ。


このアーカイブについて


渡辺順子氏プロフィール
ニューヨーク移住。フランスでのワイン留学後、2001 年より世界最大オークションハウス、ニューヨーク・クリスティーズでアジア人初のワインスペシャリストとして活躍。2009 年に退社し、ワイン・コンサルタントとして独立。ワイン投資のアドバイザー及びセラーを管理するセラーマネジメントを行う。欧米のコレクターやワイン商と取引し、アジア諸国に向けて事業展開中。


限定ワイン販売サイト wine18.jp


渡辺順子 著書
『日本のロマネ・コンティはなぜ「まずい」のか』
幻冬舎ルネッサンス新書


雑誌 美ストーリー 5月号掲載
ワインやアムール・・・ 『フランス人は更年期知らず』って本当?


雑誌 Sevenhills セブンヒルズ 5月号掲載
From New York ~世界の街の“今”を現地からお届けします。
コラム「渡辺順子のワインに乾杯!」 Vol.10

ウェブページ