2016年1月アーカイブ


NY最後の日は友人が経営するイタリアンレストランでワインディナー。
サプライズでクリスティーズの元同僚達が集まりとっても楽しいひと時を過ごしました。

マンハッタンの20丁目のLa Pizza Fresca
http://www.lapizzafresca.com


7186460.0.jpg

ヴィンテージ違いのChionetti


IMG_4781.JPG

IMG_4800.JPG

unnamedlpf.jpg
レストランオーナーで友人のブラッド。




unnamedlpf2.jpg

Chionetti の経営者、Nicola Chinotti と。。
彼は元市長さんでした。



unnameddecanters.jpg

綺麗なリーデルのデカンタ。
美しいスタイルですね。




オークションの後はチェルシーピアで行われた友人が所属するアイスホッケーの試合の応援に行きました。
この後は美味しいワインタイムです!

IMG_4768.JPG



さて、いよいよオークション当日
NYの老舗ステーキハウス、「スミスウォーレンスキー」で開催です。

unnameds&wsteak.jpg





アルマンドブリュニャックで景気づけしてスタート!
アルマンドブリュナックのロゼ、これはジェロボームサイズ。。レオボアムサイズ 4.5L かな?


IMG_4727.JPG

IMG_4733.JPG
 オークショニアのフリッツもみなさんに紹介しています


unnamedcalgin.jpg

unnamedsteak.jpg

アメリカンサイズのステーキ。コルギンとステーキで頑張ります。

unnamedsuperlot.jpg

Schraderのスーパーロット、会場対電話で競り合いが続き46000ドルまで上がりました。
素晴らしい戦いで拍車喝采でした。



我ら日本のヒーロー!!
勝田商店の勝田さんがオパスワンのスーパーロットを落札しました。
NYで一気に有名人です。
ザッキーズのジェフと会長のダン、そして美人のオークショニア、ジェミーと一緒に

unnamedkatsuda.jpg






オークションの前日はシュレダーの一番のコレクターのご自宅で開催されたプライベートパーティーに参加させていただきました。

ホテルのようなご自宅です
IMG_4673.jpg


ご自宅のキッチンもレストラン並みの広さ
IMG_4674.JPG


そして今回のメインイベント、シュレーダー専門の
IMG_4687.JPG

IMG_4704.JPG


unnamed.jpg
これ全部シュレーダーです。

unnamedOWC.jpg



unnamed DRAGON.jpg

シュレーダーのシンボル、ドランゴンの木彫りがカッコいいです。




1月30日NYで開催されるシュレーダーのテースティング&ディナーがブーレーで開催されました。

ブーレーは87年にオープンしたNYの老舗フレンチレストランの一つです。
91年、ザッガットが7000人対象に「人生の最後に食事をするならどこ?」との問いに
一番回答が多かったレストランが「ブーレー」でした。
しかし人気絶頂期にいきなり閉店。。。。
そして97年にカジュアル版「ブーレー・ベーカーリ」をオープン、続いてオーストリア料理「ダヌーブ」もオープンしました。
どちらも予約が取れないレストランとして大人気となり私も大好きなレストランでしたが、残念ながら両店クローズ。
そして008年にトライベッカに「BOULEY RED ROOM」としてオープンしました。



さてこの日はNYに着いてすぐのディナーでしたのでフライトの疲れで少しボーッとしていましたが、
入り口のドアを開けると天井まで本物のりんごが飾られ、甘酸っぱい香りで気分爽快です。



cf85b5c800e3c15ba0fd345892bba7a4.jpg


その素敵な店内を通りB1のプライベトルームへ


cabed5854b0ff83d23b114ffd063acf6.jpg

Bouley-Restaurant-Wedding-NewYork-NY-2_main.1427229036.jpg


「ブーレー・レッド・ルーム」店名のとおり、赤が貴重のお部屋です。
なぜか不思議に落ち着く空間です。

IMG_4634.JPG


NYのワインコレクター達50名以上の招待客が集まりました。


IMG_4636.JPG




jeff.jpg


ザッキーズの社長ジェフ
ジェフはとっても素敵な紳士。こんなにザッキーズをサポートするのも彼の人柄だと思います。


fred.jpg
ジェフとシュレーダーのオーナー、フレッドと同じテーブルでしたので、
いろいろフレッドからワイン醸造秘話を聞かせてもらえました。
とっても楽しかったです。



IMG_4661.JPG

なんと14種類



junkofred.jpg

とってもフレンドリーなフレッド。
ワインは作り手の人柄がそのまま味に出ますので、シュレーダーが美味しいのもわかります。




アッカーのオークションが六本木1丁目のルビージャックで開催されました。

このラインナップ。さすがアッカー


IMG_4633.JPG



Zachys主催のシュレーダーセラーズのディナー&ワイン
感動ものの美味しさです。
でもかなりパワフル。

場所はボンピナールさんで

Schrader dinner and tasting by Zachys 

IMG_4625.JPG

12511296_963158077104050_1705283708_o-2.jpg

ザッキーズのダニエルと可愛いゆりちゃん
オールドスパーキーです。




2016年、この dull景気を吹き飛ばすため美味しいワインを開けました。
今年初のワイン部です。幸先良さそうなラインアップです。

IMG_4612-thumb-600x450-8037-thumb-600x450-8038.jpg


まずはサロンで乾杯です。
12493664_1741332556097263_959499530578129680_o.jpg


12031425_1741331652764020_5042796056937694641_o.jpg


12489353_1741334089430443_9055833863673399173_o.jpg

12604891_1741331762764009_8045787732402390764_o.jpg


12489199_1741334072763778_6933974070137406422_o.jpg


12493406_1741334039430448_2196966780119622968_o.jpg



そしてワイナリーオーナーが自らお持ちくださった
Sato Wines

12615158_1741332012763984_3465743935619771967_o.jpg


今年も良いことがたくさん目白押し

12571077_1741332279430624_1502458295_n.jpg




CYySqsQWYAAtOww.jpg

Modified chart 


アッカーメラル社の社長John Kapon氏が来日されました。
今月の23日のオークションに向けて香港へ行かれる前に日本に立ち寄られたようです。
しばらくぶりの再会でしたが、少しChubbyになられ貫禄たっぷりです。
IMG_4599.JPG


シャンパンで乾杯の後はまず軽いブルゴーニュ
05のDomaine de Montille
23日のオークションにも蔵出しで出品されます。
ミディアムボディでフローラルな香りに、ミネラルたっぷりで口当たりはまろやか。ちょうど飲み頃です。
unnamed05.jpg



Roumier Chambolle Musigny 11
ルミエ特有の枯葉のタンニンが魅力的な味わいです。果実味とのバランスが最高
unnamedroumier.jpg



Chambertin Clos de Beze 2012 
Perrot Minot
50年以上の古樹から作られています
ブルベリージャムやダークチェリーの凝縮感のある果実味と華やかなボディ
unnamedclosdebeze.jpgのサムネール画像のサムネール画像




そしてジョンもシンガーさんも大好きなパーカー100点のモンローズ1990
64%CS、32%メルロー、4%CFのブレンドです。
1990年はいくつも100点のワインを出していますが、春は寒く夏がとても暑くなりました。
1949年以来の暑い年だったそうです。
香りは
なめし皮、シガー、枯れ草、湿った土壌、しいたけ、埃、カビ臭さ、馬小屋、藁、黒こしょう
あまりおいしそうに聞こえませんがこれがとっても芳しく、香水としても身に纏いたいそんな香りなんです。
味わいはというと。。香りからは全く想像できない甘みとエレガントさ果実味がたっぷりな本当に上品な味わいです。
まさにボルドーの風格と気品を備えた1本でした。
unnamedmontrose90.jpg


最後にデザートと合わせてグラハム77年 ヴィンテージポートをいただきました。93点
プラムやブラックチェリーのドライフルーツ、甘みたっぷりのフルーツケーキ。後味はキレがよく、消化を促す食後酒です
unnamedgraham.jpg


アッカージャパンのシンガーさん、ありがとうございました
unnamedwmrsinger.jpg
美しいパートナーと一緒に
IMG_4605.JPG


ニューポートビーチ最後の日に特別なシャンパンを開けていただきました。
シャンパンとキャビア!最高です。

DP 04 95 points
柔らかい泡が口の中に溶け込みシルキーな口当たりが広がります。洋ナシやリンゴの爽やかな甘みと塩気とミネラル豊富なキャビアとは相性抜群。
色合いも黄金色に深まりキラキラ輝くゴールドを飲んでいるようで気分も高揚します。シャンパンを飲むとハッピーになるとある化学者が発表しましたが、見ているだけでもハッピーになりますね。
unnameddp04.jpg


Thank you for your warm hospitality C&U
I miss you 





しっかりした味わいのAmarone 2010年をいただきました。
unnamedaamarone.jpg



Valpolicella
アマローネはぶどうを陰干しにして甘みを凝縮させ、干しぶどうのような状態からワインを作りますね。

ヴェローナ特産の竹製の乾燥棚に並べて水分を蒸発させ糖度を高めます。


sforzato_salis_gratticci2.jpg

風通しがよく、湿気が少ないところに約120日間置いておきます



Drying_Grapes_for_Amarone.jpg

appassimento_vert.jpg


このように上から吊るして陰干しにするワイナリーもあるようです。
いずれにしても手間暇のかかる作業です。

そしてぶどうはこのように水分が蒸発されます

11_Healthy-dried-grapes.jpg

amarone-grapes.jpg


もちろん水分を足すことはしませんので、生産量は通常のワインよりも少なくなってしまいます。
でも味わいはまろやかでコクがあり、上品な味わいになります。

この日は友人手作りのチキン照り焼きと合わせました。
最高のマリアージュでした。





ニューポートビーチにある「ペリカン・ヒル」は世界でも有名な高級ゴルフリゾート地です。
私も大好きな場所です。
太平洋を眺めながらゴルフをプレーしたり、優雅なレストランでお食事をしたり、ゴージャスでリッチな雰囲気です。

ちょうどサンセットに間に合いました。

unnamed201601.jpg

unnamed201601a.jpg







明けましておめでとうございます。


2016年はBure Family Wines  貴重なDuration 2009年を開けていただきました。
IMG_4543.JPGのサムネール画像



Valの奥さん Candaceはレギュラー番組も持って大忙しです。
今度Fuller Houseも始まりますね
Candace-Cameron-Bure-Family-At-Rocking-Gods-House-300x202.jpgのサムネール画像




Bure Family WInes Dulation 09
unnamedbure.jpgのサムネール画像




年始のワインとして最高のチョイスです。
確かヨーロッパのどこかの国(忘れてしまいました)の昔からの言い伝えで年初めの1本はいいワインを飲むとその一年良い年になると言われているそうです。
ヴァルのワインを飲んで今年2016年は良いことがたくさんありそうです!
ちなみに09はパーカーも大絶賛しています。






なぜか私の出身地 愛知県岡崎市とアメリカで2番目に平均年収が高いニューポートビーチ市が姉妹都市だったんです。なぜなんでしょう?

IMG_4541.JPG

岡崎市から送った「Nakayoshi」と彫られた銅像です。



このアーカイブについて


渡辺順子氏プロフィール
ニューヨーク移住。フランスでのワイン留学後、2001 年より世界最大オークションハウス、ニューヨーク・クリスティーズでアジア人初のワインスペシャリストとして活躍。2009 年に退社し、ワイン・コンサルタントとして独立。ワイン投資のアドバイザー及びセラーを管理するセラーマネジメントを行う。欧米のコレクターやワイン商と取引し、アジア諸国に向けて事業展開中。


限定ワイン販売サイト wine18.jp


渡辺順子 著書
『日本のロマネ・コンティはなぜ「まずい」のか』
幻冬舎ルネッサンス新書


雑誌 美ストーリー 5月号掲載
ワインやアムール・・・ 『フランス人は更年期知らず』って本当?


雑誌 Sevenhills セブンヒルズ 5月号掲載
From New York ~世界の街の“今”を現地からお届けします。
コラム「渡辺順子のワインに乾杯!」 Vol.10

ウェブページ