charity event

4月2日は世界自閉症啓発デーでしたね。
そのレセプションパーティーが青山の伊藤忠アートスクエアーで開催されました。
今年も弊社、プレミアムワインはレセプションでお出しするワインを協賛させていただきました。

Get in Touch は女優の東ちづるさんが理事を務めておられ、障害のあるかたや生きずらさを感じている人をサポートして応援されている団体です。
東さんの笑顔と優しさと行動力はたくさんの方々を引っ張りたくさんの方々に元気と感動を与えてくれます。
私もその一人です。

Get in touchの サイトから

..."ちがい"をハンディにするのではなく、
特性としてアドバンテージにできる、"ちがい"をおもしろがる社会がいい。
すべての人がもっと自然に、もっと気楽に、もっと自由に暮らせる「まぜこぜ」の社会はきっと作れる。
Get in touchでは、アートや音楽やおいしいものを使って、楽しく居心地のよい空間をつくることで、
まぜこぜの心地よさをPRしていく活動を行っています。

私はNYにいたので特に日本の社会は個性を出しにくいと感じていました。
だれも評価もジャッジもせず、ただあるがままでいいと思います。

今回展示されたアートの数々や音楽はどれもピュアで素直な感覚が現れていて私はいつも温かい気持ちになります。
世の中は障害者と呼んだり、自閉症と呼んだりしている彼らの感性は神から与えられた贈り物です。

レセプションで提供しましたプレミアムワイン社の缶のワイン「ワインスター」です。
ファーストレディの安部さんも東さんにも飲んでいただきました。

 
IMG_3341.jpg


IMG_3345.JPG

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: charity event

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blogs.alphaomega.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/530

コメントする

渡辺順子氏プロフィール


渡辺順子氏プロフィール
ニューヨーク移住。フランスでのワイン留学後、2001 年より世界最大オークションハウス、ニューヨーク・クリスティーズでアジア人初のワインスペシャリストとして活躍。2009 年に退社し、ワイン・コンサルタントとして独立。ワイン投資のアドバイザー及びセラーを管理するセラーマネジメントを行う。欧米のコレクターやワイン商と取引し、アジア諸国に向けて事業展開中。


限定ワイン販売サイト wine18.jp


渡辺順子 著書
『日本のロマネ・コンティはなぜ「まずい」のか』
幻冬舎ルネッサンス新書


雑誌 美ストーリー 5月号掲載
ワインやアムール・・・ 『フランス人は更年期知らず』って本当?


雑誌 Sevenhills セブンヒルズ 5月号掲載
From New York ~世界の街の“今”を現地からお届けします。
コラム「渡辺順子のワインに乾杯!」 Vol.10

ウェブページ