2014年5月アーカイブ

カリフォルニア州のCasa Madronaの新しいサービス。
シャンパンのお届けは空からやってきます。

Casa Madronaはサンフランシスコぁらゴールデンゲートブリッジを渡った サウサリートの海岸エリアにあります。
近くにはアルカポネが収容されていた刑務所があったアルカトラズ島もあり後ろの景色はサンフランシスコが広がっています

素敵!









クリスティーズのオークションで落札した1948年のマデイラワインをある方にお誕生日プレゼントとして差し上げたのですが
それを私のお誕生日会で開けてくれました。


写真 (26).JPG写真 (28).JPG


ホテルオークラのバロンに特別に持ち込ませてもらいました。
バロンの江川和彦ソムリエさんに素晴らしいサービスを受け、お食事もワインもとってもおいしく頂きました。
江川ソムリエはクリスティーズ時代の上司だったマイケル・ブロードベント氏について修行されていたそうです。 すごいですね。
マイケルは私達の大師匠です。
マイケルは大のマデイラワイン好きで私もクリスティーズ時代にマイケルと一緒に1700年代のマデイラをいただいた事があります。

マデイラとイベリコ豚、相性抜群


写真 (29).JPG



本当は合同お誕生日会だったのに、もう一人の主役は体調くづして参加出来ずとっても残念でした。


写真 (23).JPG




Dom Pérignon Will Outlive the iPhone
copy right wine-searcher.com

LVMHの会長であり、世界トップクラスの大富豪 アルノー氏が米国CNBCの番組で興味深い発言をしました。

  
「20年後はiPhoneは存在しないかもしれないが、ドンぺリニンは飲まれている」

LVMHとアップルはどちらも最高品質の商品を作る企業ですが、その違いをiPhoneとドンぺリで比較していました。
アルノー氏自身iPhone ユーザーですが、20年後はおそらく誰も持っていないと答えています。
確かにiPhone1が発売されたのが、2007年。 それから大きく進化しました。いまだにiPhone1を使っている人っていらっしゃるんでしょうか
一方、ドンぺリニオンのファーストヴィンテージは1921年
LVMHの傘下にある、シャンパン「ルイナ―ル」は創業 1729年。
どちらも大人気を誇るシャンパンで、今でもなお世界中の人に愛されています。

納得。。






また出てしまったワイン偽造疑惑ですが、ロンドンのワイン商 Antique Wine Merchant
が取り扱ったのがこちらの1787年産 シャト―ディケム

Most Expensive Wine Sale Ever Turns Sour
copy right Wine-sercher

yquem 1787
copy right the drinks business

フランス革命前のワインとして世界で一番高い白ワインでした。購入価格 約1千万
25億円の損害賠償を請求しています。






世界ベストレストランに選ばれるナパの「フレンチランドリー」 とNYの「Per Se」の
ワイン持ち込み料が$150になりました (約1万6千円)

この金額を払っても持ち込んだ方がお得ですが。

アメリカでトップとも言えるスパークリング
シュラムスバーグ、Jシュラム 平均小売価格 $96 (約1万円) 
フレンチランドリーのワインリストでは $395( 約4万円) だそうです。



このアーカイブについて


渡辺順子氏プロフィール
ニューヨーク移住。フランスでのワイン留学後、2001 年より世界最大オークションハウス、ニューヨーク・クリスティーズでアジア人初のワインスペシャリストとして活躍。2009 年に退社し、ワイン・コンサルタントとして独立。ワイン投資のアドバイザー及びセラーを管理するセラーマネジメントを行う。欧米のコレクターやワイン商と取引し、アジア諸国に向けて事業展開中。


限定ワイン販売サイト wine18.jp


渡辺順子 著書
『日本のロマネ・コンティはなぜ「まずい」のか』
幻冬舎ルネッサンス新書


雑誌 美ストーリー 5月号掲載
ワインやアムール・・・ 『フランス人は更年期知らず』って本当?


雑誌 Sevenhills セブンヒルズ 5月号掲載
From New York ~世界の街の“今”を現地からお届けします。
コラム「渡辺順子のワインに乾杯!」 Vol.10

ウェブページ