2011年11月アーカイブ

 

シャトー・ペトリュスと並んで右岸の超高級ワイン シャトー・ルパンのオーナーが日本に来日されました。

新宿のトロワグロで

 

040.JPG

 

毎回シャトー・ルパンをごちそうになっていたので、今回は飲んだことのない

 Chateau Laurial (シャトー ロリオール)を選びました。

フランソワが作るカジュアル版です。

 

042a.JPG

 

この価格帯でしたらお勧めの一本です。

 

 

 

日本で唯一採掘権を持つルビーの モリス さんがミャンマー大使館でルビーのセミナーを開催されました。

ルビーナイトと銘打って赤ワインのみを提供するということで弊社が取り扱っているブレワインをサーブしていただきました。

そしてミャンマーワインも頂きましたが以外と(?)美味しかったです。 ミャンマーワインについて皆さんの前で感想を一言お願いされ、(あまり正直に言わないで)なんて言われていたのですが、ホント正直、美味しかったです。

なんとミャンマー大使にモリスルビーの森社長からBure Family Wineをプレゼント

  

032.JPG

 森社長と大使です。

 

 

033.JPG

 

 

 

とっても素敵なワインバーMAX Bordeaux Ropponngi 

まだ行かれた事のない方がいらっしゃいましたら是非行ってみてください 'Must' です!

 

 

019.JPG

ラフィットだってマルゴーだってグラスで飲めます

 

そのマックスボルドーさんでCh Palmerのテースティングが行われ、参加させていただきました。

 

024a.JPG

 

 

 

026a.JPG

Ch.PalmerのBernard de Laageさんです。

ベルナルドさんにはクリスティーズで2007年にMahler-Besseのオークションを開催し、その時にいろいろお世話になりました。

(Ch PalmerがMahler-Besseを所有しています)

上司のリチャードは何度もお会いしていたのですが、私は実際お会いしたことがなかったので、「オークションの時にいろいろお話しましたJunkoです。」と申し上げ、オークションの事で大いに盛り上がりました。

リーマンショック前でしたのでオークションは、ほぼ100%soldで大成功でした

 

 

 

このアーカイブについて


渡辺順子氏プロフィール
ニューヨーク移住。フランスでのワイン留学後、2001 年より世界最大オークションハウス、ニューヨーク・クリスティーズでアジア人初のワインスペシャリストとして活躍。2009 年に退社し、ワイン・コンサルタントとして独立。ワイン投資のアドバイザー及びセラーを管理するセラーマネジメントを行う。欧米のコレクターやワイン商と取引し、アジア諸国に向けて事業展開中。


限定ワイン販売サイト wine18.jp


渡辺順子 著書
『日本のロマネ・コンティはなぜ「まずい」のか』
幻冬舎ルネッサンス新書


雑誌 美ストーリー 5月号掲載
ワインやアムール・・・ 『フランス人は更年期知らず』って本当?


雑誌 Sevenhills セブンヒルズ 5月号掲載
From New York ~世界の街の“今”を現地からお届けします。
コラム「渡辺順子のワインに乾杯!」 Vol.10

ウェブページ