2011年6月アーカイブ

 

さぁ、アッと言う間のイタリアの旅が終わりました、お名残り惜しく日本へ戻ります。

フィレンチェからチューリッヒに乗り換え成田へ。チューリッヒの空港にはたくさんのスイスワインがグラスで売られています。スイスワインはあまり輸出はしていませんので飲む機会が少ないのですが、どれもレベルが高く、美味しいワインを作っています。

もし日本で見つけたら即買をお勧めします。

 

300.JPG

 

 

301.JPG

 

 

 

.

 

 

ピサに戻りました。

293a.JPG

 

192a.JPG

 

194a.JPG

 

 

ピサから少し北へあがったビーチです、

 

 

210a.JPG

205a.JPG

204a.JPG202a.JPG

 

 

海岸近くのワインバー。

 

197a.JPG

 

 

200a.JPGこんな地元のワインバーにもTignanelloがグラス売りしています。それも価格は8ユーロ。とっても安いです。

私はTignanello と地元のVermentinoを頼みました。 Vermentinoはかなり濃厚な色合いで味もトロッとしていました。サルディニア島のvermentinoに比べ、軽さはありませんが、フレッシュで後味はさわやかです。

 

196a.JPG

 

 

 

。 

そして次に向かったのがサッシカイアのテヌータ サン グイド です。

 

 

 

252a.JPG253a.JPG

 

 

251a.JPG

 

 

テースティングワインはこの3本です。

Le Difese, San Guido and Sassicaia 2008

ワインスぺクテーターの評論家だったJames Suckling が08 Sassicaia を大絶賛しています。

ジェームス サックリング  今はWSから独立して、イタリアワインを中心にコメントしています。

 

 

 

257a.JPG

263a.JPG今日はワイナリーを案内してくれたこのイケメン君の誕生日でした。サッシカイア08でお祝いしました。

 

 

268a.JPG

 

 

 

 

.

 

 

 

 

 

 

 

サッシカイアが持っているレストランでランチしました。

 

271a.JPG

273a.JPG

 

もちろんランチにもサッシカイアの08を頂きました。

さすがサッシカイアもこちらで買えます。

 

 

 

277a.JPG

 

サッシカイア08はグラス一杯12ユーロです。 安いですよね~

 

なんとサッシカイアのオーナーの方もランチをしていました。

 

274a.JPG

 

 

275a.JPG

レストランにはたくさんのサッシカイア、そしてマセット。最高です!

 

byebye Bolgheri

 

281a.JPG

 

 

 

私の人生を変え、ワインの仕事に進むきっかけになったChペトリュス。  

それについては私の著書 日本のロマネコンティはなぜまずいのか でも書かせていただきましたが、もちろん私にとってペトリュスは世界で一番美味しいワインなのですが、ある日NYで 「メルロー対決」と銘打って、ペトリュスの1987年、マセットの2001年のテースティングを行いました。

ペトリュス1987年は「out」 マセット2001年は「in」 ペトリュス87年のパーカーポイントは87点、マセット01は98点。

でもまさかあのペトリュスが....と思ったのですが、明らかにマセットの方が勝っていました。

それ以来、massetoは 私の 「wish list」のトップに君臨。

 

そしてついに今回オ―ネライアに行く事ができました。

2007年、クリスティーズでオ―ネライア20周年の記念ディナーを行い、特別ボトルをオークションに出品していただき、

必ず、ワイナリー行くねとオ―ネライアのオーナー フレスコバルディのFerdinando Frescobaldi と約束してあれから4年後、ついにオ―ネライアへ行くことができました。

しかし、Ferdinando とワインメーカーのAxel アクセルはvinexpoで ボルドーに行っており、再会をすることができなかったのがちょっと残念ではありましたが、エンジョイしてきました。

 

フィレンチェからピサへそしてピサからボルゲリへ電車で移動しました。

 

286.JPG

ボルゲリ駅ですがここは無人駅だったんです。タクシーでワイナリーまで行こうと思っていたのですが、断念し、10キロの山道を歩きました。それも歩道でなく、トラックが走る車道を。。。。。

 

ようやく有名なボルゲリの糸杉並木まで来ました。

 

 

212a.JPG 283.JPG

 

 

ワイナリーに着きました

 

 

244.JPG

 

オ―ネライアを守る神木だそうです。

 

 

215a.JPG

 

バックに見えるのが、Tenuta dell'Ornellaia、Ornellaiaの畑です。

217a.JPG

 

 

 

そして遠くに見えるのがMassetoの畑です。 luv luv

マセットは100%メルローですが、3種類の微妙に異なるメルローを植えており、年によってそのブレンドを変えているそうです。

 

 

218a.JPG 

 

 

 

 

 

 

 

 

246.JPG

 

 

245.JPG

 

左からMasseto 2007, Ornellaia 07, Le Serre Nouve Ornellaia (セカンドワイン)2008, La Volte 2008

masseto はパーカーポイント96点。 飲みごろを迎えるのは10年後との事ですが、圧倒されるような力強さは感じませんでした。 口当たりはまろやかでシルキーですでに丸みをおびており、ワインの品格を感じます。

テースティングの時は私はワインを飲まずSpitしますが、マセットに限ってはしっかり飲ませていただき、おかわりしちゃいました。

Ornellaia のパーカーポイントは93点、できの良かった06に比べ多少点数は下がるものの、味わいはとっても「Edxcellent!」

苦いぐらい強いスパイス系の味わいを感じますが、でも柔らかいんです。ブラックコーヒーを飲みながら、ハーゲンダッツのバニラを食べているような、苦みと甘みが行ったり来たりします。でも最後はうまく溶け合って最高のハーモニーを醸し出していました。

 

Le Serre nouve Ornellaia 08 はパーカーポイント 93点 (高得点ゲット)

飲むにはもう3,4年待った方が良かったのですが、でももちろんその将来性はわかります。 もっともっと隠れている香り、味、テクスチャーが花開き 気軽に飲めるワインですが、基本はちゃんとそろっている、しっかりしたワインです。

Le Volte 08 89点

サンジョベーゼ主体で造っていますので、ハーブや黒コショウを感じます。味が引き締まっています。 通常は軽いもの、値段の安いもの、若いワインから飲み始めませうが、今回はいきなりマセットから始めましたが、このLe Volteも全然引けをとらず、ちゃんと個性をだしていました。

 

 

 

248a.JPG

 

 

249a.JPGいつもNYで飲んでいたマセットと全然味わいが違います。 アメリカに輸出するときは何か混ざり物入れているんじゃないと冗談で聞いてしまいましたが、もちろん答えは「No!」でした。

やはりこんな素敵な所でシャトーのセラーから出されたばかりのワインはおいしいですね。

 

 

 

 

 


 

2009年、オ―ネライアはアートとワインをコラボした「Vendemmaia d'Artista」と呼ばれるプロジェクトに着手しました。

2006年のヴィンテージからオ―ネライアのボトルに世界的に有名なアーティストGhada Amer と Reza Farkhondeh 達がデザインしています。

またこのテーマは 「Happily ever after」 

 

 

 

 

Ornellaia_EVER_6_LT_VdA[1].jpg 

 

オルネライアのお庭もこんな感じで 「Happily Ever After」。

 

happily_ever_after[1].jpg

 

 

 

ornellaia-salmanazar-imperial-dm-and-standard-bottles-ornellaia-2008-vendemmia-dartista-lenergia-by-rebecca-horn[1].jpg

 

239a.JPG

 

 

 

243a.JPG

 

 

234.JPG

 

樽の倉庫でもミュージアムのようです。

 

sculpture_01_e_f1f7d8dde6d8f916a344910c315c13fa[1].jpg

 

 

 さっそれではいよいよテースティングへ行きま~す。

 

 

 

 

 

.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                                   Congrats!

 

 

144a.JPG

 

 

 

今も中世の趣をそのまま残している街ですね。

 

062a.JPG

 

068a.JPG

 

066a.JPG

 

 

 

 

071a.JPG072a.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トスカーナの陶芸店です。

 

 

075a.JPG083a.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

god bless you 

 

 

 

 

 

 

 

078a.JPG079a.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リアル過ぎてちょっと怖いぐらい 

 

 

Bye-bye Siena

 

086a.JPG 

 

 

こちらのキャンティクラシコがグラス一杯なんと日本円にして150円 安い

 

060a.JPG061a.JPG

 

 

シエナのエノテカイタリアーナへ行ってきました。

ここは国立のワイン博物館っと言った感じです。

 

046a.JPG

 

 

階段を下りると煉瓦に囲まれた趣のあるスペースが広がっています。

 

047a.JPG049a.JPG

 

イタリアっぽいラベルを見つけました

 

051a.JPG052a.JPG054a.JPG 

059a.JPG    058a.JPG

057a.JPG

COOL!

 

 

 

 

 

 

 

素敵!

 

092a.JPG093a.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

My imaginary boy friend ^^

110a.JPG

 

 

 

ウィンドーには

 

103a.JPG

 

11年ぶりのイタリアへやってきました。

最後にイタリアに来たのは2000年、ワイン留学していたフランスから足を延ばしてモナコの近くのボーソレイユへ行った時でしたか。。。

少し足を延ばしてフランスとイタリアの国境あたりへ行きました。

今回はまずフィレンチェから出発です。

 

001y.JPG

 

002y.JPG 004z.JPG

キリストが十字架にかけられている何とも不可解な標識を発見

hmm...イタリアっぽいですね

006o.JPG

地元ではスクーターが一番の交通手段

 

 

015q.JPG有名なイノシシの像ですね、鼻をなぜるとまたフィレンチェに戻ってこれると言う言い伝えがあるそうです。

そうとは知らず私は鼻をなでると願い事がかなうんだと思い 「今度のワインオークションが成功しますように」とお願いしてきました。。。。

でもきっとイノシシ君はかなえてくれると思います。

 

 

 

そして、フィレンチェの街から車で30分ほどしたところにあるワイナリー

Villa le Piazzole へ行ってきました。

ここは宿泊施設もあるとっても素敵なワイナリーです。

 

 

 

035v.JPG 

 029u.JPG026s.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本にはまだ輸入されていないようですが、全て無農薬でブドウを栽培し、天然酵母をつかって醸造しています。

アメリカ人の団体さんと一緒にテースティングを行いましたが、ワインの味そっちのけですぐイタリア人についての議論が始まってしまいました。

イタリア人は待ち合わせに30分遅れてくるのは当たりまえ。街で走っている人がいたらそれは絶対イタリア人じゃないそうです。

 

 

 

ワイナリーから撮影した景色です。 「The トスカーナ」と言った風景が広がっています。

こういうところで飲むワインは一段と美味しいです。

 

 

036w.JPG

 

 

037x.JPG

 

東京に戻る前に美味しいパンケーキを頂きました。

 超美味しいかったです^^

場所はたしかHotel FLEX だったような。。。

 

029.JPG030a.JPG

027a.JPG

 店内もとっても素敵な所でした。

 

東京に戻り、明日からイタリア行ってきます!

Ciao!

 

広島の2日目はshimamura さんで開催しました。

広島市中区上八丁堀4-1 アーバンビュー グランドタワー12F

 

オーナーシェフの島村さんは、お会いしただけで、気持ちがなごみ、リラックスできる、まるでお人柄が料理の味にも現れているような癒されるお方でした。

http://blog.livedoor.jp/restaurantshimamura/

 

女性の方がたくさん参加していただき,皆さまとても前向きで明るく、会は和気あいあいと進んでいきました。

 

 

DSC03627.JPG

 

ワインの品ぞろえはこちら

25a.JPG

 

アッと言う間の広島でしたが、とても充実した内容の濃い2日間でした。

私は自分の人生を振り返って普通と違う生き方を選んで来たと思いますが、今回、私の生き方に共感していただき、私自身とても元気を頂きました。

会に来てくださった皆様、本当にありがとうございました。

次回8月に広島でワイン会行います。またお会いできること楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 bbb.JPG

ccc.JPG

本場広島でお好み焼きをいただきました。

 

 

そして、世界遺産のひとつである宮島へ連れて行った頂きました。

 

ddd.JPG

 

人との出会い、良いご縁は人生をより豊かにしますね。

今回とても素敵なご縁を頂き、広島でワイン会を開催することができました。

広島には2日間滞在し、初日は尾道の「il Pontile」さんというイタリアンレストランでおこないました。

il Pontile

広島県尾道市土堂1-11-99

 

 

 

今回のテーマである「ワインと人との繋がり」について私自身の体験をもとにいろいろお話させていただきました。

「ワインは人生をより豊かにする」 とワイン会でお話していますが、今回広島へ行って本当にそう思いました。

 

 

 

aaa.JPG

 

 

DSC03598.JPG

 

レストランの前にはレッドカーペットが引かれました。

そしてスタッフの皆さまです。

 

店内はゆったりしたカウンターが広がっています。 このカウンターはとても落ち着きます。

DSC03603.JPG

ここに座ってフライパンを握るシェフを見ながら料理を頂くのが最高

 

とても素敵なご夫婦が経験されており、ご主人がキッチンを奥様がフロワーを担当し息のあったお二人に加え特別にお手伝いいただいたスタッフの方々の温かいお気持ちに支えられてワイン会は無事終了することができました。

ゲストの皆さま、スタッフの皆さま、そして何よりこの会を企画してくださった私の大好きなご夫妻に心からお礼を申し上げます。

 



"good wine and good vintage"
それ以外何もいらない!私のコメントも必要なし


このシャンパンにこの値段はありえない!



6月1日はマリリンモンローのお誕生日でした。 1926年に生まれ1962年享年36歳でお亡くなりになり、とても短い人生でしたがマリリンは今もなお世界中で人々の心の中に生き続けています。

 

images[4].jpg

 

1954年、ジョー ディマジオと初来日をし帝国ホテルに滞在されました。
滞在中にラブラスリーでマリリンが実際召し上がったお食事を再現して頂き、お食事に合わせてマリリンワインを頂く素敵なイベントが開催されました。

マリリンワインズのオーナー、Holder夫妻もナパからお越しいただき、私もご一緒させていただきました。

 

aa.JPG

Bob Holder氏です。

 

bb.JPG

マリリンが召し上がった料理を再現してくださった料理長さん。

 

 

cc.JPG

こちらがマリリンが召し上がったエッグベネディクトです。  マリリンメルローと合わせました。

 

dd.JPG

 

マグナムボトル

ee.JPG

 

最後のデザートですが、お皿一面にチョコレートパウダーを敷き詰め、右上にはトレードマークのマリリンの唇のマークとほくろがついているんですよ。

とっても手の込んだ一皿でした。

 

今でも世界中の人々を魅了してやまないマリリンですが、今夜はちょっとマリリンの気分になってお料理とワインを頂きました。

ギフトにぴったりのとっても素敵なボトルです。

http://www.mswine.jp/

 



安くておいしい!



ピークを過ぎてしまった、ブルジョワ級2級のワイン


ワインごめんなさい。やっぱりワインは生きていた。

このアーカイブについて


渡辺順子氏プロフィール
ニューヨーク移住。フランスでのワイン留学後、2001 年より世界最大オークションハウス、ニューヨーク・クリスティーズでアジア人初のワインスペシャリストとして活躍。2009 年に退社し、ワイン・コンサルタントとして独立。ワイン投資のアドバイザー及びセラーを管理するセラーマネジメントを行う。欧米のコレクターやワイン商と取引し、アジア諸国に向けて事業展開中。


限定ワイン販売サイト wine18.jp


渡辺順子 著書
『日本のロマネ・コンティはなぜ「まずい」のか』
幻冬舎ルネッサンス新書


雑誌 美ストーリー 5月号掲載
ワインやアムール・・・ 『フランス人は更年期知らず』って本当?


雑誌 Sevenhills セブンヒルズ 5月号掲載
From New York ~世界の街の“今”を現地からお届けします。
コラム「渡辺順子のワインに乾杯!」 Vol.10

ウェブページ