2010年7月アーカイブ

 

 

ANAインターコンチネンタルホテル東京の36階にある ピエール ガニエール氏 のレストランにご招待していただきました。

 セブンヒルズ さんの企画で11月にピエールガニエール氏と私のワインのコラボを行うことになりました。

 

とっても素敵なムッシュと

 

 

239.JPG

 

 

シェフの芸術とも言えるお料理です。

 

 

1000.JPG 1001.JPG

 

225.JPG1004.JPG

  1003.JPG

一皿一皿美しいプレゼンテーションでまるで舌だけでなく目でも味わえる感じでした。

料理に対するシェフのプロフェッショナルな思いが込められており、 料理を食べるたびに温かい気持ちになって、まるで自分の為に作ってくれたような、安心感と落ち着きを感じるのです。        本当に料理を心から愛しているシェフだからこそ、食べる者に安らぎを与えてくれのかなと思います。食べることは本当に楽しい事だと教えていただきました。 こうして美味しいお食事を素敵な仲間と一緒に味わえることが最高の喜びであり、最高の贅沢であり、そういうチャンスを与えていただいたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

1005.JPG

 

ムッシュ自らサーブしていただき, 最高にHappyでした。

ANAインターコンチネンタルの古賀さん、セブンヒルズの相田社長ありがとうございました。

Cheers!

 

 

昨晩のJRAとのワインイベントも無事終わり、今日は博多のイタリアンレストランでワインテースティングをおこないました。

場所はこちら

ゴッティ  福岡県福岡市中央区薬院2-14-16 Sen Bld 1F Gotti

 

 

CIMG0558.JPG

 

 

今日皆様にテースティングしていただいたのは、私が独占販売を獲得したBure Family Winesをはじめイタリアからトスカーナワイン赤と白を飲み放題でご用意しました。

 

CIMG0545.JPG

 

ワインのテースティングの基本をお話しました。

 

CIMG0548.JPG

 

そしてアルマンドブリニャックもお話しました。

 

CIMG0600.JPG

 

 

 

 

 

24日は東京でも大好評だったJRAさんとのご協力により、九州小倉競馬場の来賓室を貸し切ってワイン会と競馬を楽しむイベントを行いました。

 九州の方はとにかく良く飲む! 今までワイン会をしてワインが足らなかったってことはまずありませんでしたが、今回用意していったワインすべて完飲です。

参加していただいた皆様次回は必ず多めにご用意しますね~

 

良く飲むのに加え人がとっても温かいんです。もう九州の方大好き!

 

 

 

CIMG0488.JPG

 

今回は40名様のお部屋でゆったりと使わせていただきました。

 

 

CIMG0489.JPG

 

 

お食事のセットアップも整い、参加者の皆様のお越しをお待ちしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0495.JPG 

 

 

 

 

プロの競馬のアナウンサーの方に競馬の醍醐味を話して頂き参加者ウズウズ。

いよいよ始まりました

 

 

 

 

 

 

209.JPG

 

 

 

 

レースの合間に私のワインテースティングとワイン講義を聞いていただきます。

 

 

CIMG0513.JPG

 

CIMG0515.JPG

 

CIMG0516.JPG

 

  私はシャンパンについて熱く語りました。そのシャンパンはもちろんこちらArmand de Brignac

 この美しいボトルはアート。味もアート。存在もアート。このゴージャスな競馬場の来賓室にふさわしいシャンパンです 

 

3bottlesb.jpg

 

 

 

 

 CIMG0509.JPG

 

 

今回のサプライズとして、我々のワインイベントに参加頂いた女性の方から一名が優勝騎手に花束を贈呈する大役をお願いすることになりました。

公平にじゃんけんで決めました。

 

参加者の美女達です

 

 

 

 

 

 

 

馬券買われた方の中には数十万儲けた男性もいらっしゃり、その方のテーブル席は「パワースポット」と呼ばれ大人気。

 

最後は皆様スマイルで終了しました。

 

 

CIMG0537.JPG

 

 

とってもおいしいお食事頂きました。

NYにはたくさんの日本食レストランがありますが、本当に美味しい白米がいただけません。 

日本に来るとついついご飯がすすんでしまいますが、なんと言ってもこちらの心音さんのご飯は最高に美味しかったです。

 心音

 

お土産に頂いたおにぎりを翌朝食べたら、まだふっくらしていました。その秘密はこの にあるようです。

 

この色彩もお見事

 

204.JPG

 

 

 

 

羽生名人のお話を聞きに行ってきました。羽生さんは少年がそのまま大人になった感じのとてもイノセントなお方でした。

 

202.JPG

 

その名も

天下人 セレブレーション2010

「人を幸せにする経済とその成長戦略」

 

日ごろからお世話になっている天才工場さんにご招待していただきました。参加費は一人4万5千円ですがサブタイトルはこちら

「参加するだけで運が良くなる強運を持つ経営者の集い」

これは行きたくなりますよね。

またパネラーの皆様の顔ぶれはとても豪華

田村耕太郎先生、本田健氏、澤上篤人氏、松永修岳氏、愛知和男氏、藤沢久美女史

皆様のお話にとても感動しました。

 

懇親会では猪木さんもご登場です。

 

182.JPG

 

 

111.JPG 

 

左からラックマネージメントフォーラムの松永修岳氏、歌手の河村隆一氏、素敵な歌声を聴かせていただきました。 タイガーマスクさん、将来の日本を担う田村耕太郎先生、猪木さん。

とてもパワフルな面々で開場は大盛り上がりでした。

 

ワイン業界の人間にとって今年の一番の話題はなんといっても2009年プリムールの値段ではないでしょうか...

2005年も強気だったボルドーは2009年それ以上の強気の価格を出してきました。中国マーケットを見込んででしょう。

今日は徳岡さん主催のプリムールテースティングに行ってきました。

 

Ch de ValandraudとCh Lascombesのインタヴューです

 

 

168.JPG 

 

176.JPG

 

ちょっと酔ってる?Ch ヴァランドローのテニュバンさんです。

2009年の出来が良いので、ついつい微笑みがこぼれてしまうようですね。

 

フリーポワラテアートの澤田さんのラテです.

まさにアートですね

 

152.JPG

 

このアーカイブについて


渡辺順子氏プロフィール
ニューヨーク移住。フランスでのワイン留学後、2001 年より世界最大オークションハウス、ニューヨーク・クリスティーズでアジア人初のワインスペシャリストとして活躍。2009 年に退社し、ワイン・コンサルタントとして独立。ワイン投資のアドバイザー及びセラーを管理するセラーマネジメントを行う。欧米のコレクターやワイン商と取引し、アジア諸国に向けて事業展開中。


限定ワイン販売サイト wine18.jp


渡辺順子 著書
『日本のロマネ・コンティはなぜ「まずい」のか』
幻冬舎ルネッサンス新書


雑誌 美ストーリー 5月号掲載
ワインやアムール・・・ 『フランス人は更年期知らず』って本当?


雑誌 Sevenhills セブンヒルズ 5月号掲載
From New York ~世界の街の“今”を現地からお届けします。
コラム「渡辺順子のワインに乾杯!」 Vol.10

ウェブページ