2010年3月アーカイブ

NYで "in"なエリア、ミートパッキングディストリクトにあるThe Standard Grill
NYで大活躍の日本を代表する女優池端えみちゃんのお誕生日会をおこないました。


P1010683.jpg




このレストランはStandard hotelの一階にあります。
ミートパッキングとチェルシーが結ばれているハイラインでもお馴染みの場所ですね。
ハイラインのウェブサイトはこちら...
セレブ御用達のレストランとしても有名で、以前えみちゃん達はデミームーア夫妻、ブルースウイルス、ドナカランがお食事していた場面に遭遇したそうです。
Standard Grill のトイレは入り口は男女分かれているものの中へ入ると男女兼用なんです!?




P1010689.JPG



P1010690.JPG


今日はGruner Veltlinerをグラスでいただきました。
オーストリア特有の葡萄品種でリーズナブルなワインです。軽くてフルーティーな気分のときはお勧めです。


121270.jpg




Standard Grillのワインリストは$32(3000円)のカヴァから$2500(23万)の96年ラトュールまで
用意しています。
スクリーミングイーグル(06$2450)もペトリュス(04$2250)もありました。














NYに着いた翌日,元航空幕僚長である田母神俊雄さんのNY講演の司会のボランティアをしました。
初日はNYのハドソンリバーを下るディナークルーズでパネルディスカッション、翌日はユニバーシティークラブでの講演が開催されました。
講演が無事終了した翌日、士官学校のウエストポイントへご一緒しました。
I volunteered to MC for The General Toshio Tamogami speech in NY.
We hold a panel discussion on the dinner cruise first day and his speech at the University club 2nd day, then we took a filed trip to West Point last day.

P1010670.JPG

P1010671.JPG

P1010673.JPG

1945年9月、当時の外務大臣重光葵と陸軍参謀総長の梅津美治朗が署名した本物の降伏文章です。
Mamoru Shigemitsu who was the Japan Minister of Foreign Affairs, along with General Yoshijiro Umezu signed the instrument of Surrender on Sept, 1945. It's real

photo(21).jpg






ウエストポイント内のチャペルでの田母神閣下
General Tamogami at the chapel.


P1010640.JPG

田母神さんのNY講演の2日目。今日は5番街53丁目のユニバーシティープレースにて行われました。ここはメンバーでしか入れない由緒あるところです。

 

032710_toshio_tamogami-7.jpg

 

 

032710_toshio_tamogami-10.jpg

満員の会場から、さていよいよ始まります。

032710_toshio_tamogami-94.jpg

 

 

  032710_toshio_tamogami-149.jpg

 

なにぶん司会は初めての事で... ワインについて話をするのとは全然違います。内心ドキドキでした。

032710_toshio_tamogami-232.jpg

 

 

田母神俊雄閣下がNYにいらっしゃるということで、お手伝いさせていただきました。

僭越ながら、田母神さんの講演の司会をヴォランティアしました。初日はクルーズ船内で行われ、NYの美しい夜景をバックに田母神さんの日本に対する熱き思いを語っていただきました。

 

 

032610_toshio_tamogami-25.jpg

032610_toshio_tamogami-2.jpg

 

  032610_toshio_tamogami-127.jpg

ドキドキですが、司会を務めています....

 

 

032610_toshio_tamogami-186.jpg

 

左から田母神閣下、前衆議院議員の赤池誠章先生、八尾市議会議員の三宅博先生です。

 

032610_toshio_tamogami-346.jpg

032610_toshio_tamogami-274.jpg

 

032610_toshio_tamogami-254.jpg

実はとっても面白い田母神さんです。ジョーク連発でした。

 

ブルックリンブリッジを後に...今日はワイン以外のイベントでした。

 

032610_toshio_tamogami-311.jpg 

 

 

昨晩の大雨も上がりました。
時差ぼけでほとんど寝ていませんが、午後からのミーティングに向けパークアベニューを歩いてミッドタウンに行きました。

photo(7).jpg







ロックフェラービルです。

photo(21).jpg




NYに着いた翌日からいきなり日本食に行ってしまいました。
ニューヨークタイムズの1階にある、「INAKAYA」 です。 六本木にもありますね。



photo(16).jpgphoto(17).jpg














日本ー韓国、その後はNYへ..
今日のJALの桜ラウンジは空いていてとってもゆっくりできました。
Flight from Japan-Seoul then NY
Relaxing at Executive lounge




P1010616.JPG



P1010618.JPG


ミニバーでちょっとお寿司をつまみました。
Have some sushi at the bar area


photo(15).jpg
ソウルは大雪でしたが無事NYへ飛び立ちました。



機内の白ワイン/White wine for executive class
Macon Villages Blanc, Les Truites、Abbaye des Fontenay

P1010619.JPG




澄み切ったクリスピーな味わい。ミネラルも豊富で酸も強く、味が濃いめの機内食とも相性がよかったです。2007年とは思えないカラーとこのコッテリ感。
ワイン飲んで、ゆっくり休みました。
NYは大雨のため4時間遅れて到着しました。
3ヶ月ぶりのNYにちょっとホッとしています。
crystal clear and crisp, mineral, high acidity. good match with the meal having strong taste.
gold color and richness.
the flight was delayed 4hours due to a heavy raining,
It's been 3months since I left NY.







六本木ヒルズで行われた フランス映画際です。
来年はオフィシャルでワインを提供するため今年は関係者として出席させていただきました。

French Film Festival in Roppingi Hills.
I attended as one of staff to see how it goes and works for official wine sponsor next year.

IMG_0328.jpg

IMG_0324.JPG






IMG_0367.JPG

フランス大使公邸でのプライベートパーティーにて。
私の憧れの女性ジェーンバーキンはいくつになってもかっこいいです。
At French ambassador's residence
My icon Jane Birkin, she looks so cool no matter how old she is.


IMG_0371.jpg



Bruno Paillard

パーカーの好きなシャンパンですね。コストパフォーマンスの最も優れた1本です。




IMG_0373.jpg

Baronne du Cleray, Muscadet Serve et Maine Sur Lie

ロワール地方の古い造手です。Sur Lie とは発酵後、澱引きせずにそのまま数ヶ月放置しておきます。
すると、ワインに濃くと深みが増します。




IMG_0372.jpg

Lucas Carton, Ch Malijay

ローヌ地方の赤ワインです。スパイスとタンニンのつよいフランス南部の味わいです。

この3種類がフランス大使公邸でのパーティーでサーブされていました。












私もワイン以外にも楽しみはあるんです。
歌舞伎座のさよなら講演へ行ってきました。
Kabuki is one of my best favorite except wine.

IMG_0307.jpg



IMG_0309.JPG



IMG_0309.JPG

後、45日で閉館になってしまいます。
Unfortunately, the theater will close in 45days




オフィスでパーティーです。準備整いました。
Here is our new office. We got ready for the party


photo(19).jpg

photo(18).jpg



今日の主役はPortfolio



photo(20).jpg

PORTFOLIO はもう間もなく日本で正式に販売されます。
いわゆるカリフォルニアワインの 「フルーツガム」と言われる、カリフォルニアスタイルではなく、もっと洗練され上品な味わいです。
甘みもありますが、苦みと酸味のバランスもよく、ネクストカルト間違いないと評判のワインです。
清家さんと言うとってもお美しい女性が日本のExclusiveの権利を獲得しました。
ワインも清家さんも "美"と言う言葉がぴったりです。
Founded in 1998 by Genevieve Janssens who used to be a wimemaker of Opus One and her husband Luc who is an artist designs the label of Portfolio.





3月14日、ホワイトデーのロマンティックな日に料理の鉄人でお馴染みのフレンチの巨匠、石鍋裕シェフと「ワイン鍋」のイベントをおこないました。
お天気も良く、会は大盛況でした!
On the 14th March, It's called "white day"which is one month after the Valentine's day, the meaning?you have to give some gifts back to person who gave you the gift on the Valentine's day, I had my wine event with Mr Ishinabe who is renowned as the Iron chef served "wine pot" from his original recipe
As you see, the weather was very nice and the event went very well !




068.jpg

場所は元クイーンアリス迎賓館で行いました。
まるでルーブル美術館にいるような感覚です。

Here is where I had the event, Look at the place! Doesn't It look like the museum?


005.jpg

075.jpg


107.jpg

ワインレクチャーのイベントはチャペルで行いました。
とっても素敵な雰囲気でしょ。
Do you have any idea where I had the wine lecture? Inside the chapel ! Isn't it romantic?

講義は真剣です。
Looks serious ...

120.jpg

149.jpg
156.jpg


185.jpgレクチャーが終わり、ドリンクタイムです。
After the lecture, having an intermission aka the drinking time.







211.jpgのサムネール画像






石鍋さんがワイン鍋の作り方を伝授しています。
家庭で気軽に出来るワイン鍋がテーマですので、ワインは南仏のワインを用意しました。
Mr Ishinabe is telling the recipe.
The wine is from Languedoc/Roussillon since "the casual" is today's theme

214.jpg
220.jpg

乾杯です!
Cheers!

229.jpg見て下さい、この美味しそうなお肉

228.jpg野菜を入れてからワインをたっぷり入れます。






234.jpg









283.jpg
063.jpg



066.jpg

とっても素敵な会でしたね。参加して頂いた皆様本当にありがとうございました


ストーリーの4月号「私の服にはstoryがある」に載りました。

雑誌「Stortyストーリー」

記事はこちら
記事「Storyストーリー」


blog画像 001.jpgのサムネール画像

blog画像 012.jpgのサムネール画像
blog画像 006.jpgのサムネール画像天の橋立てワイナリーでの写真撮影です。
早朝からの撮影でしたがスタッフはみなプロフェッショナルな方々で、とてもスムースに撮影がすすみました。
バックからですが、左から今回とってもお世話になった安田真里さん、カメラマンの谷口京 さん、谷口さんのアシスタントの方、写真に写ってないですが、ヘア&メイクの陣内君。
東京での撮影は高梨カメラマンとヘア&メイクの大山さん。本当にありがとうございました。

ストーリーのインタビューを受けながら、NYに渡った当時を思い出しました。
レストランで住み込みで働きながらニューヨーク大学を目指していた頃が懐かしいです。
当時のNYは治安が悪くチャイナタウンで銃声を聞いたこともあるし、NY大学のあるワシントンスクエアはドラッグディラーのたまり場でした。
タクシーも地下鉄も治安が悪く怖くて乗れないほどだったんですが、それでもエネルギーのあるNYは私にたくさんのポジティブなパワーを与えてくれました。
今の私があるのはこの時期に何に対しても好奇心を持ちいろいろな世界をみて、いろいろ経験してきたからかなっと思います。

私はCh Petrus ペトリュスを飲んでワインの世界にすすもうと決心しました。
たかがワインですが、ワインを通じて普段お会いできない方、ロックフェラー財団のマイケルロックフェラーさんやフォーブス家のティムフォーブスさんとワイン友達になりました。
ワインはそんな出会いをつくってくれます。

私が今まで学んだワインの知識と情報をこれからどんどんご案内していきたいと思います。

ホテルニューオータニの'鳳凰の間'で「原典平家物語のDVD完成披露宴」が行われました。
ロータリークラブでお世話になっています、橘氏が13年の歳月をかけて完成したすばらしい作品です。
パーティーには中村吉右衛門さんの朗読で始まり、野村万作さん、近藤正臣さん、若村麻由美さん、藤岡弘さん、緒川たまきさん、等相当足るゲストがお集りになりました。


IMG_0225.JPG

その栄えあるパーティーでのワインの仕入れを担当させていただきました。
お料理は和洋折衷、ローストビーフ、カレー、おそばオードブル等、そしてなんと久兵衛からお寿司のブースが出ると言う事でしたので、料理の質に合わせ、どんな料理にも合わせやすく主張しすぎないワイン、また橘様から、一流のゲストをお招きしているためホテルの宴会用ワインでなく、お客様に合うワインを選んで欲しいとの御要望をいただきました。

この2点を選びました。

シャトーカントリスと

IMG_0227.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像
                                 
IMG_0226.jpgのサムネール画像低迷していたシャトースミスオーラフィットを一流シャトーに変えたカティアール夫妻が新たに手掛けたシャトーです。
若いシャトーながらもこのエレガントな口当たりと質の高さは「ワインスペクテーター」も大絶賛しました。
酸味と甘みのバランスが最高です。


クロバドンIMG_0226.jpgのサムネール画像ご存知「シャトー ヴァランドロー」のオーナー、ジャンリュックテュヌヴァン氏が所有しています。
彼と世界のワインコンサルタント、ミシェルローラン氏の最強コンビがコラボしたワインです。
メルロとカベルネフランの各50%のブレンドで新樽100%。ボルドーではまだ少ない無清澄、無ろ過で造られています。超少量生産でわずか1000ケース弱なのです。
ワインはミディアムボディで口当たりがよくタンニンと果実味のバランスよく、
バイキング料理に出されたローストビーフ、トンカツ、カレーとは相性抜群でした。


皆様ご堪能されました。


「but It is still Opus One」

これはアメリカで良く聞く言葉で、「腐っても鯛」的なニュアンスがあります。
本場アメリカでももちろんオパスワン信仰者は数多く存在します。(一番多いのは日本人だそうです)
が..オパスワンもまた賛否両論。価格の上昇やコマーシャルなワイナリー反対派に加えパーカーはかなり辛口スコアーを出した年もあり、アンチオパスワンもいるんですが
 「but it is still Opus One, それでもやっぱりオパスワン」
でもやっぱり美味しいとアメリカ人は口を揃えます。
私も 「but it is still Opus one」です。



IMG_0259.jpgのサムネール画像


夜景が一望出来るモナリザ でオパスワンとすばらしいディナーをごちそうになりました。


IMG_0253.JPGのサムネール画像IMG_0251.JPGのサムネール画像IMG_0249.JPGのサムネール画像



IMG_0261.JPGIMG_0258.jpg














NYの時のお友達、千鶴ちゃんとBF
Thank you very much for the lovely dinner, Ulmont sama

IMG_0266.JPG



-4.jpg


-3.jpg


このアーカイブについて


渡辺順子氏プロフィール
ニューヨーク移住。フランスでのワイン留学後、2001 年より世界最大オークションハウス、ニューヨーク・クリスティーズでアジア人初のワインスペシャリストとして活躍。2009 年に退社し、ワイン・コンサルタントとして独立。ワイン投資のアドバイザー及びセラーを管理するセラーマネジメントを行う。欧米のコレクターやワイン商と取引し、アジア諸国に向けて事業展開中。


限定ワイン販売サイト wine18.jp


渡辺順子 著書
『日本のロマネ・コンティはなぜ「まずい」のか』
幻冬舎ルネッサンス新書


雑誌 美ストーリー 5月号掲載
ワインやアムール・・・ 『フランス人は更年期知らず』って本当?


雑誌 Sevenhills セブンヒルズ 5月号掲載
From New York ~世界の街の“今”を現地からお届けします。
コラム「渡辺順子のワインに乾杯!」 Vol.10

ウェブページ